行政書士試験の解答速報は要チェック!|次の年度の試験に備える

メニュー

メンズ

保育職に就く

保育士になるためには、保育専門学校を卒業する以外に、国家試験に合格する手があります。国家試験の受験資格は、短大卒以上の人には無条件で与えられています。ただ、高卒や中卒の人にもチャンスはあります。児童福祉施設で一定期間、必要時間以上勤務することで、受験資格が持てるのです。

詳しく見る

男性

セミナーに参加する

ビジネス向けの資格は取得しておくと役立ちます。転職活動に有利になることもあるので、スキルアップのためにもなにか取得してみましょう。また、セミナーに参加して取得すべき資格を考えるのもいいかもしれません。他には通信講座での学習法もあります。

詳しく見る

勉強

取得難易度は高いが魅力的

公認会計士資格を取得する道は長いですが、取得すると一生生活に困らないと言われています。会計・経理・財務といった企業にとって必要な分野のプロなので、活躍の場は非常に広いです。また報酬の高さや社会的地位の高さも選ばれる理由です。

詳しく見る

女の人

試験に落ちたのなら

行政書士の国家試験に落ちたのならば、スクールが公開している解答速報を読んでみるとよいでしょう。そして、各スクールの解答速報の中で、自身の間違いが分かりやすいものを見つけたのなら、そこに入学して、行政書士になるための勉強を教わることをオススメします。

詳しく見る

保育園

即戦力を身に着けるために

保育士養成学校では、保育園実習やピアノや遊びかたなど現場で役立つ実践的な内容が学べ、保育現場に立った時に即戦力になる技術を習得することができます。社会人から保育士を目指すなら、夜間過程のある専門学校も良いでしょう。

詳しく見る

行政に関する士業の試験

勉強道具

試験内容と速報のメリット

国家資格の行政書士は国家試験にパスする結果を出す事でなれます。国家試験は1年サイクルで1回のみで、300点中180点をオーバーする点をとる事で試験にパスできます。60パーセントの正答率で試験にパスですが、合格するパーセンテージは10パーセント未満の狭き門と言えます。行政書士は一般社会の知名度も高く、参考書もたくさんの会社から出されています。良本も非常に多く市販されている教材で独学の状態で試験に立ち向かう人も多いです。しかしながら狭き門である事から、試験に効果的な対策を十分に実行しないと次の年度も試験を受ける事になります。ですから講座で学習をしている人も多いです。行政書士試験は、憲法、民法さらに行政法や商法などから構築され、他方で一般教養として政治経済といった試験もあります。範囲が非常に広いので、国家試験合格のスペシャリストに戦略を練ってもらうほうが合理的です。試験が終了した時には問題集を持ち帰る事が可能です。解答用紙へ記した中身を書いておく事によって、解答速報を利用することによって正否を突き合わせる事ができます。こうした解答速報は行政書士試験の予備校並びに講座各社の教師が解説有りで解答をインターネット上に公開します。解答速報を把握する事で合格か否かをスピーディに確かめるだけでなく、苦手とする分野やわからなかった箇所をチェックして将来的に有効活用する事ができます。それに加えて解答速報はその日のうちに出されるので、合格か否かをチェックして次の年度の試験に備えるこことにもなります。