行政書士試験の解答速報は要チェック!|次の年度の試験に備える

メニュー

取得難易度は高いが魅力的

勉強

需要の高い専門職

日本には3大国家資格という難易度や社会的地位の高い資格があり、公認会計士はその中の1つです。以前は大学卒業しないと受験できませんでしたが、現在は緩和され誰でも受験が可能になっています。そして公認会計士不足から合格者数も増やされたので、受験者数が改正前と比較して大幅に増えています。公認会計士は国家資格の中でも非常に難しい試験であり、改正されても難易度は大きく変わっていません。公認会計士になる為には3つの壁があり、短答式試験合格者が論文式試験を受ける事ができます。それに合格してもまだ公認会計士になる事はできず、2年間の実務が必要です。試験も難しいのですが実務経験を得る為の就職もまた難易度が高いと言われています。実務経験は監査業務を行っている法人や会計を専門的に行っている企業であり、どこでも良いわけではありません。2年間経験すると修了考査をパスする必要がありますが、経験を積んでいるので考査は筆記試験に比べるとまだ楽にパスする事ができます。以上の様に公認会計士になる為には様々な壁を越える必要があり、資格を得るまでに3〜5年掛かると言われています。これでも早いと言われる程なのですが、目指す方が多いのは報酬や社会的地位が高く、男女平等に働ける環境など魅力があるからです。また企業にとっても魅力的な能力を保持している事から、監査以外にコンサルタントや財務・経理と非常に多くの場から求められています。就職に困る事がなく、安定している仕事である事も選ばれている大きな理由です。