行政書士試験の解答速報は要チェック!|次の年度の試験に備える

メニュー

即戦力を身に着けるために

保育園

養成校で学ぶのが良い理由

保育士になるためには、厚生労働省の指定を受けた養成学校に進学し卒業するか、国家試験を受験して合格する必要があります。社会人になってから保育士を目指す場合、国家試験を受験して資格を得るというケースが一般的ですが、可能であれば、保育士専門学校などに進学して学ぶことがおすすめです。保育士養成学校には、大学、短大、専門学校がありますが、いずれの場合も保育園や児童養護施設などでの実習が義務づけられています。また、ピアノや子どもとの遊びかた、ペープサートの作り方といった実践的な内容も学べます。養成学校の中でも保育専門学校はとくに保育士に特化した内容を学べますので、保育の現場に立った時に即戦力になる力をつけることが可能です。こういったことは、国家試験の合格を目指して独学や通信講座などで学んだ場合に身に着けることは、なかなか難しいでしょう。社会人になってからでは、いったん学業から離れているだけに、大学への入学は試験が少し難しいかもしれません。専門学校でしたら、面接や小論文のみというところも多く、さほど入学へのハードルが高くないのでおすすめです。働きながら学べる夜間課程を設けている学校もあります。夜間過程の場合、平日は夕方5時や6時以降から夜9時ごろまでと土曜とに授業を行いますので、職場環境によっては通うことが可能です。ただし、保育園実習は平日の昼間に行いますので、その点は職場の理解が必要となりますので注意しましょう。専門学校の夜間過程では、保育園での保育士補助のバイトを斡旋していることも良くありますので、それを利用するのもおすすめです。